*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

お元気ですか。大船校の小野佳奈です。

計算問題を解いて間違ったとき、悔しいミスって何ですか?
読み間違い?単位の間違い?
きっと計算ミスも悔しいですよね。

実は…「絶対に計算ミスをしない方法」があるのです。
それは、「計算しないこと」です。

中学理科「記録タイマー」の問題で、
「0.1秒間に15㎝進んだときの速さは毎秒何mですか」
というのがあります。

15㎝=0.15mですから、
0.15÷0.1の計算をすればよいのですが、定期テストの結果を
見ると、計算間違いをしている生徒がかなりいます。

では、1.5÷1ならどうですか?
まず間違いませんよね。

次の計算はどうでしょう。

1.jpg

「25は4で割り切れない~」
なんて、泣きそうになっている人、いません?

25.jpg

にしてしまえばどうでしょう。
12×3.14=37.68

3.jpg

12歳で中学受験の勉強するのは、みんなで牢屋に入れられているくらい
つらいことだぁ~って覚えてしまえば、計算しなくてすみます。

ちなみに、合格すれば15歳で高校受験はしなくてすみますから
15×3.14=47.1
4.jpg
です。


続いて・・・

5.jpg

貴方ならどう計算します?
分母・分子にルートをかけてから、6で通分しますか?
思い切って約分してみてください。

6.jpg

√の中の数字が簡単になりませんか。
では、どうしたら計算をしない工夫ができるようになるのでしょう。

私の経験からですが、
 1 できるだけ多く計算を解く   → 数に親しむ
 2 工夫している人の解き方を盗む → 学ぶとは真似ること
 3 計算を工夫しながら解いてみる → 実践あるのみ
計算をしなければ、計算ミスをしないだけでなく、時間短縮にもなりますよ。

頑張れ、Qゼミ生!

読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード