*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、国大Qゼミの久野康晴です。

今回は、公立中高一貫校のうち、「市立川崎附属中」の
適性検査について書きます。

適性検査はⅠとⅡの2種類があります。
初年度の問題の特徴は、以下の7つ。

1 400字以内・3段落構成の意見作文を書く。

2 図形問題がなかった。

3 単位換算の問題が多かった。

4 記述解答が多かった。

5 外国人との交流会で行いたい体験とその理由を書く。

6 算数の計算式が正しい理由を書く。

7 実験ノートを作成する。

市立南や県立中等教育学校の適性検査との大きな違いは
④です。
小問25問のうち、記述形式の設問が13問もありました。

公式やパターンが通じない、自分で考えて、自分で表現する
適性検査らしい問題でした。

こちらで、公立中高一貫校のことを詳しく書いています。
市立南、県立相模原・平塚、市立川崎 公立中高一貫校受検日記

更新ペースはやや遅いですが、バックナンバーまで読んでみて下さい。
役に立つ内容があるはずです!
ed1_-80_convert_20110125010026.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード