*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは Qゼミ横浜校の益田和典です。

今回は、公開模試の使い方についてお話をしていきます。

9月からは、本格的な志望校判定の公開模試が最低でも
月に1回ペースで実施されていきます。

志望校の判定に一喜一憂する場面が多くなる時期でもあります。

ただし、この公開模試の結果に振り回されてしまうと、受験校に
迷いが出てきてしまい、追い上げていくこれからの時期に大きな
支障が出てしまいます。

ともすると、忘れがちになる以下の項目に目を通して結果を
どう利用していくかの参考にしてください。

①判定の何%は、この模試での点数でのみ判定されます。
(過去の追跡調査で、この偏差値で合格している割合が
判定の大きな要素になっています)

→今回の問題ができたかできないかでの判定のため、出題が
 志望校の傾向にあっているかどうかみる必要があります。
 
 模試によっては、同じ学校を志望している子の正答率まで
 出している模試があります。
 志望している生徒の正答率が高いのに落とした問題は
 復習の最優先項目です。

②学校についている偏差値は、公開模試の種類によって
 異なります。
 (模試によっては上下関係が逆転する場合もあります)

→偏差値50はその模試の平均を表します。その模試全体の
 受験者層がどのレベルかでつく偏差値も変わってきます。
 
 ですから、偏差値が上がった下がったというよりは
 どの単元ができなかったか、同じ学校を志望している中で
 今どの位置にいるのかが大切です。

③判定の学校は、そのときの偏差値によって出ます。
(ということは、志望校を書くときに、同じ偏差値付近を
並べてしまうと、同じ判定しか出ません)

→志望校を書くときは、偏差値のレベルを分けて記入することを
 おすすめします。
 この位置にいるとこの学校は合格圏内で、この学校は難しい
 位置にいるというのが分かり、併願を組む際の参考になります。

あくまでも、入試本番が勝負です。
公開模試の結果に振り回されることなく、上手に利用して
最後の追い込みに活かしてください。
SEN_0812_convert_20101105005842.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード