*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、二俣川校の山口祐介です。

いよいよ、受験まで150日を切りました。
受験生たちも一生懸命、勉強に励んでいることでしょう。

さて、この話は主に中学を受験する小学生に向けてのお話です。
ただ、高校受験でも、大学受験でも、同じことは言えます。

お母さん、お父さん。
お子さまに、このような言葉をかけたことはないでしょうか。

「○○に入らないと、駄目だ!」
「偏差値○○以下の学校だったら、勉強なんてやめろ!」

発破をかける意味で言う言葉ですが、言葉の裏に隠された
お母さん・お父さんの愛情がしっかり読み取れるとは限りません。

この2つの言葉は

「○○に入らないと、自分は駄目・・・」
「○○に入らないと、自分は負け・・・」
「偏差値○○以下の学校は行っても、意味がない・・・」

という間違った認識を植え付けることになりかねません。

このような言葉はプレッシャーになって最後には
「もう受験なんかやめる!!」
「勉強なんかしない!!」
という最悪の結果になってしまうこともありえます。
(まだまだ諦める状況ではないのに…)

「常に、全力投球!これがラストチャンスだ!」というのは
プロの意識であって、子どもにそれを求めるのは酷です。

むしろ「失敗したら、次に活かそう!」と精神面を強くしていって
欲しいと思います。
そうやって、入試当日まで諦めずに学習することが受験なのです。

この考え方は、実際の入試ではとても大切なことです。
受験でがんばった努力は、決して無駄になることはありません。
途中で失敗することも、必ず大きな成長の糧になりますから。
ed2_-52_convert_20110117010730.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード