*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。Qゼミ横浜校の植松秀也です。

突然ですが,次のやり取りに身に覚えがありませんか?

親「○○持ってきて~」
子「え~,今無理

親「○○やりなさい!」
子「ちょっと待って!後で・・・

親「○○やってみようよ」
子「ん~,でも・・・

実は我が家でも,息子との間で頻繁に起こる会話です。

妻はすかさず
「無理じゃない!」「今すぐやりなさい!」「でも・・・じゃない!」
と叱りつけるのですが,その後の息子の態度は納得していない様子。

どうやら無理に動かしても,今後自発的に行動できるように
もっていくのは難しいと感じています。

そして,「無理」「後で・・・」「でも・・・」は
やりたくないから出てくるセリフというよりも,口癖になってしまった
「会話の導入」ではないのか?という仮説を立ててみました。

ネガティブなセリフにより親の叱咤を受け,ネガティブ感情で行動する。
この悪循環を断ち切るために,私は次のように働きかけることを
心がけるようにしました。

●「よし,やってみる」と無理やり言わせてみる
 →ポジティブ感情で始めると,自発的に行動している感が
  味わえるのではないか。

「まずはやってごらん」と柔らかい表現で動かしてみる 
 →無理に動かそうとせず,自分から行動していることを
  実感させたい。

●行動が完了しなくても「よくやったね」と言ってあげる
 →行動を自分から起こしたことを高く評価してあげると,
  もっとできるように努力するのではないか。

●行動が完了したら「助かったよ」「ちゃんと自分でできたね」
 と言ってあげる

 →自分から動いて達成できた成功体験は,その子の財産に
  なるはずだ。

そんな息子が劇的な変化を遂げたかというと・・・,

「無理」「後で・・・」「でも・・・」のセリフは出てくるものの,
それを発した直後には私の顔を見ながら苦笑い
息子の中で変化が起こっているのは確かなようです。

Qゼミ小学部受験コースの「実行ノート」は,まさに
自発的行動促進のために導入しています。

「え~こんなにできないよ!」
ではなく,
「よし,この計画でやってみよう」
から始められるように,生徒一人ひとりの計画とその実行記録を
しっかり評価していきます!
SEN_0736_convert_20101110204229.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード