*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、国大Qゼミ川崎校の久野康晴です。 
明日は、公立中高一貫校の合格発表です。
そして、私立高校の入試の日でもあります。

今年も始まりますブログ
「市立南、県立相模原・平塚、市立川崎 公立中高一貫校受検日記」
での適性検査分析。

今回は、元気が出るブログに、平成27年度市立川崎 適性検査Ⅰ問題1
の分析を転載します。

 
昨年度と同じ、国語の問題でしたが、A・Bの2つの文章を
読む問題になっていました。
複数の文章を読む形式問題は、市立南と同じ形式です


ABC評価の内容は、下記の通りです。 
A⇒必ず正解をGetしたい! 
B⇒正解だったら合格の可能性が高まる! 
C⇒まちがってもいい!

適性検査で合格するためには、問題を見極めて、制限時間内に
AB問題で得点を積み重ねていく必要があります。
 
 
(1)(2) A
 神奈川県内の公立一貫校ではなかなか出題のなかった
 漢字の問題でした。
 (1)は書き取り、(2)は同音異義語を記号で選ぶ問題でした。
 
(3)A
 こちらも、神奈川県内の公立一貫校ではなかなか出題の
 なかった慣用句の問題でした。
 
(4)A
 文中の空欄に、適切なことばを当てはめる問題でした。
 昨年同様の形式で、単純な選択肢の問題ではなく
 辞書がヒントとして提示されていました。
 出題に工夫がみられ、市立川崎の定番になりそうです。
 
(5)A
 「その」が指す内容を答える指示語の問題でした。
 ただし、その部分の直後の五文字を答えさせる、という
 形式は珍しく、とまどった生徒がいたかもしれません。
 (一般的なのは、最初と最後の五文字など)

(6)A
 ( )にあてはまることばを選択肢から選ぶ問題でした。

(7)A
 文の内容についての○×問題でした。

 ここまでは、得点を落としたくない問題が続きます。

(8)B
 文章要約の空欄補充の問題でした。
 文中からの短いことばの抜き出しなのですが、要約文が文中と
 表現を変えているので、見つけづらかったと思います。

(9)(10)B
 (9)は40~50字の記述、(10)は昨年同様、360~400字以内
 三段落以上の構成で書く作文でした。 

 
この続きは、こちらでどうぞ。
ブログ
「市立南、県立相模原・平塚、市立川崎 公立中高一貫校受検日記」
ed1_-6_convert_20110112021554.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード