*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

二俣川校の佐藤淳です。

オリンピックの開催国が日本に決まった瞬間のフィーバーは
だんだん薄れてきましたね。
あれから景気が上向いた、というような報道もありますが
よくわかりません。

しかし、2020年のオリンピックを目処に着々と動き始めているのが
「英語教育」です。
小学校3年生から始め、日本人のグローバルなコミュニケーション能力
を向上させていくというコンセプトです。
正式に教科となり、よって評価されるわけです。

日本人の英語力はアジアでビリから2番目といわれていますが
6年以上学習してもろくに会話できない人が大多数という現状を考えると
なんとなく分かりますが・・・なぜなのでしょうか。

日本では、
①自己主張しないことを美とする(沈黙は金)
②他人と同調することを美とする(つまり自分の意見を言わない)
③和をもって尊しとする(つまりDNAレベルでディスカッションに不向き)
といった国民性があるからだとする意見があります。

古きよき日本人というやつですかね。
こういった意識を改革する必要がありそうです。

正しいか否かはさておき、日本人は、英語の4領域
L(Listen)・R(Read)・S(Speak)・W(Write)でいうと
結果的に、S(Speak)が一番苦手のようです。

こればかりは、机上の学習では身につきませんので、実際に
会話する場面を増やしていくことが求められます。

今やどこの家庭にもインターネットが普及しました。
Webを使えば、東南アジアやオセアニアなど、時差のあまりない
国々の人達と会話をすることだって可能です。

Speakingをマスター(そこまでいかなくてもいいですが)し
来るべき2020年、海外からお越しになる大勢のお客様へ
英語で日本の歴史、文化を伝えることができたらすばらしいですよね。
これが本当の「おもてなし」なわけです。

さて、「おもてなし」は英語で何と言うのでしょうか。
調べてみましょう!
SEN_6984_convert_20110129010847.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード