*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。中学受験コースの永野和寿です。
今回は選択問題における設問形式を紹介します。

今年の理科の入試問題を見てみました。
すると、選択問題で下記のような設問形式がありました。

【設問形式1】 「正しいものを選び、記号で答えなさい」
→最もシンプルな設問形式です。
 カンで正解することもあります。

【設問形式2】 「正しくないものを選び、記号で答えなさい」
→読み間違えないよう注意が必要です。
 カンで正解することもあります。

【設問形式3】 「正しいものを2つ選び、記号で答えなさい」
        「正しいものをすべて選び、記号で答えなさい」
→複数の記号を答える必要があるため、難度が高くなります。
  カンで正解できなくなります。

【設問形式4】 「この実験からわかることを選び、記号で答えなさい」
「直接関係のないものを選び、記号で答えなさい」
→選択肢の文章自体は、どれも正しいことが書かれていることが多い。
 その中で、作問意図を理解して選ぶ必要があり、最高難度になります。

選択問題もあなどれないことがわかると思います。
しっかりと作問意図を考え、読み間違えがないように取り組みましょう。
当たった、外れたで一喜一憂するのは、問題外ですよ。

頑張れ、Qゼミ生!
ed1_-12_convert_20110216010320.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード