*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、都筑校の佐鹿聡洋です。

教室で、たくさんの生徒さんの様子を見ていると
「1つ1つの課題への取り組み方」
が定着度、ひいてはテスト結果と大いに関係していることが分かります。

課題の演習における「良い」取り組みの例としては以下のような
内容が挙げられます。

①全ての課題をやっている。
②ページ番号や問題番号が書かれている。
③丁寧な字で書かれている。
④○つけは勿論、間違えた問題のやり直しがきちんとしてある。
⑤自分で気づいた点をメモしている。
⑥期限が守られている。

どうせやるなら
「やっつけ仕事」
ではなく
「実になる勉強」
にしたいですよね。

また、ノートの活用についても補足すると、授業のポイントを
きれいに書いてそれで満足する人(女の子に多いです)は・・・
損をしています。

そのポイントを完全に暗記出来るくらいまで、その日を含め1週間
毎日check(見る&音読する)して初めて、書いたノートに意味が
生まれます。

やる目的は何か?を考え「定着する」「身になる」学習方法を心がけましょう。
ed1_-148_convert_20110224001732.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード