*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

二俣川校佐藤淳です。

生徒の夏の予定を確認していると、いつの間にか、自分が
中学生だった頃の記憶が蘇ってきました。

その年の夏は、ローリング・ストーンズの初来日から始まり
記録的な猛暑による深刻な水不足(覚えてらっしゃいます?)、
紀子さまご成婚(あの年です)といろいろあった年なので
鮮明に覚えています。

計画を練るのが好きで、その通り実行すること自体に喜びを感じる
変な子供でしたが、それでも夜になり睡魔に襲われ負けそうになると
大きな木のしゃもじ(地方の土産物屋で時々見かける商品ご存知ですか?)
で自分の頭をバシバシ叩くというセルフサービスのスパルタ教育で
勉強をしていました。

夏休みは基本1日半日は勉強していましたが、どうしたって
モチベーションが続かなかったり、眠くて仕方がない時がありましたが
そんな時の解消法はというと・・・・・・小説と缶コーヒーです。
なんか生意気な中学生ですね。

長時間の勉強でボーっとしてくる度に、沢木耕太郎の「深夜特急」を
手に取り一章読む、という具合にブレイクタイムを取っていました。

主人公が陸路だけで香港からギリシャまで旅するという紀行文で
実はQゼミの国語のテキストにも時々登場する作品なんですね。
生徒にも薦めている図書です。

密室でカリカリ勉強している自分と、自由に世界を旅する青年という
ギャップが脳内でいい刺激となったんですね。
とてもいい気分転換になる作品です。
後に、この小説片手に主人公と同じルートで旅ができた時はとても
感動しました。

眠くなってくると、実はいくら頭を叩いても効き目はなく
ただ痛いだけです。

効果抜群だったのは缶コーヒーです。
1日1缶、飲み干しても缶は捨てずに、部屋の窓辺に置き続け
夏休みの終わりには大きなピラミッドができていました。

これは勉強をがんばったという証にもなり、ひとりで満足げに
眺めてから、まとめて捨てたのを覚えています。

それぞれの夏、Qゼミの夏。

はりきっていこう!
SEN_6984_convert_20110129010847.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード