*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。二俣川校の佐藤淳です。

最近よく耳にする「多読(たどく)」という言葉ご存知でしょうか。
文字通りたくさんの文章を読むことです。
それがなんとなくの理解でも、0.1×1000が100になるがごとく
知らぬ間に語彙力や読解力が身についていくという考え方
(またはそういった学習の意味)ですね。

古くは夏目漱石もこの学習方法を大絶賛していたそうです。
英語の習得にも適しているといわれています。

特に、イギリスの小学生が使っている教科書なんかが
とても日本人の英語多読によいそうです。

「え、そんなんで理解できるの?」って思いますよね。
できるんです。

例えば、1ページ目に、もの凄い恐い顔をして怒っている
お母さんの絵と、ベッドの上で飛び起きる子供のイラストが
ついていて、お母さんの台詞「Get Up!!!」が英語で
書かれている訳ですが、だれが見ても「起きろ!!!」
だってことがわかる。

そんな感じで似たような表現、似たような場面が繰り返し
登場し、しかもちゃんとオチのあるストーリーになっているんですね。
これだと楽しく、いつの間にか英語を習得できるようになるわけです。

2020年に向けてどんどん日本の英語教育も変化していくわけですが
それに合わせて学習方法も変わっていくと子ども達にとっての可能性も
広がっていくと思います。

今回は「多読」のご紹介でした。
SEN_0759_convert_20100929000737.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード