*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。横須賀中央校の秋吉達也です。

前回は「苦手科目を作らないこと」の重要性について話しました。
今回はその反対「得意科目を作ること」の必要性について話します。

最近の入試では、ずば抜けて得意な科目を持つ受験生が
優遇される傾向にあります。
よくある例は
「1科目(例えば英語)の得点を2倍にして合否判定する」
というものです。

どういうことか試しに計算してみましょう。

分かりやすくするために英語・数学・国語の3教科の入試で
英語の得点を2倍に換算する場合を想定します。

Aさんは英語70点、数学70点、国語70点の合計210点でした。
Bさんは英語90点、数学60点、国語60点で同じく合計210点でした。

さて、英語の得点を2倍として判定すると・・・
Aさんは「70×2+70+70」で280点となります。
Bさんは「90×2+60+60」で300点となります。

仮に290点が合格ラインだとすると試験の合計得点が同じだった
2人ですが、Aさんは不合格、Bさんは合格となります。
「平均的にできる」よりも「1科目がとても得意」な方が有利になります。

この判定方式を採用している試験は高校入試にも大学入試にも
存在しますし、中には調査書の内申点についても適用する学校もあります。

重視する科目も
「英語」「英語と数学」「数学と理科」「一番得点のよかった科目」
とさまざまです。

入試だけではなく、社会に出た後も
「さまざまなことにある程度精通している人材(Aさんパターン)」
が求められる業界もありますが、
「特別な技能・知識について突出した才能を発揮できる人材
(Bさんパターン)」
が求められる業界もたくさんあります。

得意科目(分野)を極めることは非常に重要です。
まとめると、
「苦手科目は作らずに得意科目はとことん得意にする」
必要があることになります。

大変です。でも、しっかり頑張ればきっとそんな人になれますよ。
頑張れ、Qゼミ生!
IMG_8639_convert_20101202000529.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード