*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、弥生台校の伊沢淳です。

本日は2016神奈川県入試が行われました。
朝、駅で応援しながら入試へ向かう子どもたちを見ていると
緊張でガクガク、緊張しすぎて笑っている、よく寝てすっきりしてる等
さまざまな顔を見ることができます。

一発勝負の高校受験ならではの様子ですね。
兎も角、学力検査も終わりあとは面接&特色検査です。
最後まで全力で応援したいと思います。

では、標題の通り理科の入試分析を速報でお伝えしたと思います。


昨年までの難化傾向から変わり、今年は易化する結果となった。
ここ2年続いた低い平均点から上がることが予想される。

今年の問題の特徴は
「実験結果を読み取り、その実験結果から考えられる仮説や考察を
記述で解答する問題」
が出題されたことである。

大単元はなんと問5~7が全て中1からの出題。
学年別配点は中1(57点)、中2(18点)、中3(25点)となり、中1からの
出題が全体の約6割を占める偏りのある結果となった。

問題全体の印象は問題を複雑にするのではなく、1つの単元を
深く掘り下げて問われている印象を受ける。
表面的な知識をつけるのだけでなく「なぜそうなるのか」という
疑問を各単元ごとに持っておいたほうがよいだろう。


これから受験を迎える人へ!

・記述・論述の問題を解くポイント①

学校で行う実験や普段解いている問題において常に
自分なりに考察を考えておくことが大切です。
覚えていれば解ける問題だけでなく、覚えた上で思考力を
必要とする問題に少しずつなれていきましょう!

・難しい入試をクリアするポイント②

易化したとはいえ簡単なテストではありません。
今回のように中1に偏った問題が出題されると1年の復習が
遅れただけでそのまま点数差として出てしまう可能性があります。

自学年の内容を修めながらも早め早めの復習を
心がけることが大切です。

去年は中3・今年は中1…
来年は中2から大量に出題されるかもしれませんね!?
ed2_-133_convert_20110114005831.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード