*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
運営部の吉村功です。

Qゼミでは2月より、受験コースの小学生の新学年の授業が
スタートします。
ゼミ生の保護者の方々も入学、進級に向けて様々な期待と不安を
抱いているようです。

「小学校に入学したら、小学校以外の勉強も
やっておいたほうがいいですか?」
「公立小学校の勉強は難なくこなしていますが
本当にそれだけで大丈夫ですか?」
「マイペースな子なので小学校生活、勉強についていけるか
どうか心配で・・・」
などなど。

どれも大変に頷ける内容です。

中学受験の指導者として過去のゼミ生を思い起こしてみると
難関中学に合格しているQゼミ生の低学年時には
共通していることがあります。

第一に、「読み書き計算」はしっかりとトレーニングしていること。
例)通塾,そろばん,計算問題集(家庭),読書など

第二に、感性・理性を磨くような環境設定があること。
例)習い事,旅行,体験教室(キャンプ・合宿),パズル,読書など

言うまでもなく、読書はあらゆるチカラの土台になります。

それでは、そのようなチカラをどこで、どのようにして
磨けば良いのでしょうか。

「読み書き計算」は、通塾や習い事で鍛えることが可能です。
「理性・感性を磨く」ことはどのように捉えますか。
理性=道理によって物事を判断すること、またはその能力。
感性=感覚的に物事を判断すること、またはその能力。

理性は
「論理的に物事を考えられること」
と言い換えることができます。

「何でそうなるの?」⇒「だからこうなるんだぁ!」
このサイクルの繰り返しです。

ゲーム(アルゴなど)をする時の思考、自然現象の疑問を
解決する行動などの蓄積でしょう。
勉強という言葉はまだ馴染まないです。

感性は「心の働き」と言い換えることができます。
楽しい、うれしい、悲しい、寂しい、という感情。
「どんな時に感じるかな?」「こんな時はどんな気持ち?」

低学年の子どもは、目の前で具体的に起こっていることは
十分に認識できます。
しかし、体験していないことを想像するチカラはかなり
個人差があります。
だから、疑似体験が必要になるわけです。

テレビ,マンガ,本、疑似体験できる媒体は数多くありますが
ここは読書にたどり着きたいところです。

大人は「読めること」が人生の財産になることを理解しています。
子どもたちにもそのことを伝えていきましょう。

子育ての不安は小さくすることはできますが、なくすことはできません。
期待>不安になった時、ベストの選択をしていると言えるでしょう。

3月に情報収集できる絶好の機会があります。
「9歳までに必要な脳力」と題して特別セミナーが開催されます。
http://www.qzemi.com/advance/event201603.html
低学年教育に役に立つ情報が満載なので是非ご参加ください。

大きく羽ばたけQゼミ生!
IMG_8655_convert_20100906005252.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード