*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

国大Qゼミ三ツ境校の岩見智史です。こんにちは。

今回も国語の問題の解き方についてお話します。
「記述問題に比べれば、選択問題なんて簡単」
と思いがちですが、選択問題にも難しいものがあります。

「1つ選びなさい」
という選択問題はどのように解けばいいのでしょうか。

もちろん「正解を1つ選んで答えればよい」のですが
見方を変えれば「不正解を3つ選べばよい」ことになります。

選択肢が長いものだと読点の前後で、前半は正解
けれども後半は間違いという場合があります。

このとき正しいものを探していると、前半に気を取られて
後半の間違いに気づけないことがあります。

間違っているものを探すようにすると
「後半が違うから、この選択肢は不正解だ」
と気づきます。

国語が苦手な小・中学生のみなさんは、すぐに
実践してみてください。

頑張れ、Qゼミ生!
繧サ繝ウ繧ソ繝シ迢吶>髮・粋蜀咏悄_convert_20160309145009
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード