*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

んにちは、北山田校の栗原哲平です。
みなさんは授業で習って「分かった!」と思ったものが
テストのときに「できなかった…」なんて経験はありませんか?

実は「分かる」と「出来る」には大きな隔たりがあります。
スポーツなんかを例に考えてみるよく分かります。

例えばバスケットボールでシュートを打つときのコツを
コーチから教わるとしましょう。
「なるほど、そうやればシュートを上手く打てるんだ!」
と分かったとしても、それだけで本番の試合で上手く出来ると
考える人はいないでしょう。

本番で上手くやるには、繰り返し練習をして身につける以外に
道はないですよね。

勉強も同じです。
なぜか勉強は「分かれば、本番でも上手くできる」と考える人が
多いのです。

私たちも「教えるプロ」ですから、授業をして「分かった状態」に
することはもちろん得意です。

ただ、そこから「出来る」領域にするためには分かったモノの量を
こなすことが必要なのです。
宿題はそのために絶対に必要なプロセスなのです。

もし算数・数学の計算ミスが多い人がいて
「私はケアレスミスが多いんだよね」
と思っているのであれば、それは「量」をこなすことで解決する
問題かもしれません。

量が質を作る!
この言葉を頭に、コツコツと力を積み重ねていきましょう!
IMG_8702_convert_20100920002358.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード