*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、北山田校の唐木綾子です。

今週にも梅雨が明けるそうで、本格的な夏の到来です。

夏休みは「受験の天王山」とよく言われます。
「天王山」の意味は、“勝負を決める大事な局面、分岐点”です。
つまり、受験の勝敗は夏休みに決まるということです。

夏休みにしておかなかればならないこと、夏休みだからこそ
できることが受験には多々あります。
それをどう取り組み、達成できたかで受験の合否は大きく
変わります。

中学生3年生では、以下の3点が特に大切です。

①勉強メインの生活習慣をつくること(1日8時間以上勉強に使う!)
②中1・2の基礎事項の復習、特に理科と社会の復習をすること
③学校見学や説明会に参加し、目標(志望校)をはっきりさせること

「天王山」の語源は、戦国時代の山崎の戦いだといわれています。
水陸の交通の要であった天王山を先に押さえた豊臣秀吉が
明智光秀に見事勝利したそうです。

夏の貴重な時間=受験の要は2度と戻ってきません。
するべきことをしっかり整理して臨みましょう。
SEN_0874_convert_20101027001231.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード