*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

皆さん、こんにちは。北山田校の西本亮平です。

すっかり秋らしい…なんて声が街の中で聞こえてきますが
極度の暑がりな私にとって、まだまだ夏が続いている感覚です。
長袖を着るのはもう少し先になりそうな予感です。

さて、先日ある劇作家の方と話をする機会がありました。
とある劇団を自身で立ち上げ、脚本・演出をすべて手がけている
という方で、かつては俳優として舞台に立っていた、という経歴を
持つ方でした。

ここまで読むと非常に華やかで、近寄りがたい人のように
思うかもしれませんが、非常に気さくで、且つ博識な方で
話をしていて非常に楽しかったです。

その方が演技指導する際におっしゃっていたことで、印象に
残っているエピソードがあるので紹介します。

「なりきる」ということ、これが大切だということです。

演技というのは、その役になりきること。
これは当たり前のように聞こえるかもしれませんが
役をイメージし日常生活から仕草や立ち振る舞いを
意識することで成り立つのです。

例えば、姿勢が良い颯爽とした好青年の役を演じるとしたら
日常生活から背筋を伸ばすことを意識し、歩き方などもスタスタと
一本芯が通ったような姿勢で歩くことで役になりきることができる。

つまるところ、舞台の上だけで役になりきろうと思うのでは
完全ではないというのが、その方の言い分でした。

これを、皆さんに当てはめて考えてみましょう。
学校の授業の時だけ真面目にやる、テスト前だけ真面目にやる。

真面目にやるという役に、授業やテストという舞台でのみ
なりきろうとするのではなく、日常生活から、良い成績を取る・受験に
受験に合格することを意識して振舞うことで、良い成績を取る・合格する
「役になりきる」ことができるのではないか、と思います。

ONとOFFの切り替えをする、という考えもよく聞きますが、一方で
日常生活から役を遂行するために意識をするというのも、
また一つの方法として取り入れていく価値はありそうです。

様々な人と接し、話を聞くことで新たな世界が広がり、ヒントになる
教訓が得られます。

また、何か興味深いエピソードがあったらこちらで紹介したいと
思います。
SEN_0743_convert_20101017223218.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード