*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。北山田校の上野尚樹です。

自分でも不思議なのですが、高校生のときに覚えた
中国の王朝名(国名)を、今でもすらすらと言うことが
できます。

「殷・周・春秋時代・戦国時代・秦・前漢・新・後漢 …」

これは、高1の日本史の最初の授業で覚えるように
言われたものです。

先生に
「とにかく覚えなさい!」
と言われて、訳もわからず必死に覚えたことしか
記憶にありません。

しかも10秒以内という時間制限付きで、クラス全員の前で
ひとりひとり発表するのです。

時間制限付きですから語呂合わせも何もなく、ただひたすら
覚えるだけでした。

また、大学入試では地理を選択していたので、このとき以外は
学習の中で出てくることはなかった項目です。

あれから30年以上の時が経過しています。
なのに、なぜこんなに長い時間を経ても記憶に残っているのか?
思い当たることは1つだけです。

それは、声に出して覚えていたということです。
おそらく何百回というレベルで繰り返し声に出していたはずです。

この方法は、目新しさはありませんが、実はなかなか強力な
暗記法だと思っています。

ただし、この強力な暗記法にも弱点があります。
それは、漢字で書けるようにはならないということです…

書いてもなかなか覚えることができないようでしたら
声に出して覚える方法を一度試してみてください。
縺・★荳ュ・狙convert_20160930225346
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード