*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

三ツ境校の岩見智史です。こんにちは。

神奈川県の公立高校入試では平成29年度入試から
マークシート方式が導入されますが、記述問題は残ります。

学習指導要領で「思考力・判断力・表現力の育成
が課題となっていますので、表現力を測るための
記述問題が残るのは当然ですね。

思考力と判断力に比べて、表現力は幅のあることばです。
学習指導要領の言う表現力とは何を指すのでしょうか。

【表現力】
心に思うこと、感ずることを、色・音・言語・所作などの
形によって、表し出す力


もちろん、面接試験では意見や思いをしっかり話すことは大事ですが
神奈川県公立高校入試問題の国語において、受検生の思うことや
感じることを記述する問題は出ません。

入試問題から読み取れる表現力とは次のようなものでは
ないでしょうか。

例) 今日、ちょうど1年前から飼い始めた犬のラッキーに
   子どもが生まれた。


同じ内容でも、何通りも表現を変えることができます。

・1年前から飼い始めた犬のラッキーが子どもを産んだのは
 今日だ。

・今日、子どもを産んだ犬のラッキーを飼い始めたのはちょうど
 1年前だ。

・今日、子どもを産んだ犬のラッキーをちょうど1年前から
 飼い始めた。

・今日、子どもを産んだのはちょうど1年前から飼い始めた
 犬のラッキーだ。


このように表現力が広がれば、最も伝えたいことを
思考し、最も適切な表現を判断することもできるようになります。

表現力の基礎である「文の組み換え」を
練習してみてはどうでしょうか。
272_convert_20161011140740.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード