*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
川崎校の多田誠です。

この時期は、新しい入会者が多くなる時期です。
はじめて受験勉強するお子さんから勉強の質問も
あるのですが、こんな質問がありました。

「テキストの問題番号の横の□はなぜあるのですか?」

この□を無視しているお子さんもいますが、「レ点」や「斜線」
を付けているお子さんを、たまに見かけます。

印を付けているお子さんの多くは問題を解いた印として付けて
いることが多いです。

私の解答としては…
「分からなかったり、解いたけど不正解だったら印をつけなさい」
と指導しています。
実際、そのような理由で印を付けているお子さんもいます。

□の使い方は決まっているわけではないのですが
勉強とは「分からないことを知り、理解する」ことです。

期間を空けてから復習しなおすとき、この目印が自分の
勉強すべき問題だと示してくれます。

意外と単純な勉強法ですが、試してください。
本人だけでなく、ご両親・先生も復習する問題と勉強量が
すぐ分かります。

勉強は効率よくやらないとね!
縺・★荳ュ繝サ・謎ココ_convert_20170308142214
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード