*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

二俣川校の佐藤淳です。

今、地球には65億の人間が住んでおり、
2050年には100億を突破するそうです。

しかしながら、地球上で手に入る食料は
80億人分が限界と言われています。
残された20億人は、どうなってしまうのでしょう……。

先週、中学1年生の国語の授業で「竹取物語」を扱いました。
平安時代の作品で、作者は不明。
千年の時を越え、今なお読み継がれている壮大な物語です。

授業の中でこんな話になりました。
「今、書店に並んでる本の中に、
 千年後にも、まだ残っている作品はあるのだろうか」

考えるほど、「竹取物語」の凄さを感じます。
そんな物語を作った人が不明、というのが、またロマンですよね。

生徒達に「そんな話を作ることできるか?」と聞いたところ、
しばらく静まり返ってから、ある生徒が「ムリっ!」と一声。
教室に笑いが起こりました。

現代に生きる65億のだれか1人が、
そんな無理を飛び越えて、新しい何かを創造することができたら、
人類に次のストーリーを用意してくれるのかもしれませんね。
IMG_8610_convert_20101009000521.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【Re:竹取物語は】
紀貫之が作者という説が有力(?)のようですが、
はっきりわかっていません。

ただ、千年経っても、人間のわがままやユーモアは
あまり変わらなくて。
そういうところが、生き残っている物語の特長かもしれません。

人類は、そんなに悪い生き物ではありません。
未来も明るいはず!

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード