*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

市ヶ尾校の岩見智史ですこんにちは

あるとき、校舎で中学3年生が、こんなことを聞いてきました。
「先生。数学の規則性の問題、どうしたらできるようになるの?」

確かに規則性の問題は、問題によって解き方が全く違います。
どう勉強していいか、よく分からないかもしれません。
ある種の「ひらめき」がないと、解けないことも多いです

「天才は1%のひらめきと99%の努力」

発明家エジソンの有名な言葉があります。
この名言を初めて聞いたとき、小学生の私は
「努力が大切なんだ」と教わりました。

しかし、エジソンが伝えたかったのは
「ひらめきがなければ、どんなに努力してもムダ」
・・・ということ、らしいのです

「なんだー努力してもムダかー」と、考えることをやめてはいけません。

つまり「ひらめく」ためにはどうすればいいかを考える。
エジソンが言うには、「ひらめき」とは
「頭のなかに住んでいる、小さな人(妖精のようなもの)の声を聞くこと」
だそうです。

みなさんも少なからず経験があるでしょう。
神様が降りてきた」っていう状態。

でも、エジソンの頭の中の「小さな人」や降りてきた「神様」の
正体って何でしょう。
もちろん、オカルト的な話ではありません

頭の中にあるということは、自分自身ですよね。
つまり「過去の経験の上に立った、現在の自分」。

「ひらめき」は経験からしか生まれません。
問題にぶつかったとき、たくさんの経験の蓄積が
「ひらめき」を生みます。


みなさんたくさんの経験を積んでください
もちろん経験を蓄積する「努力」も必要ですね

次は人生経験豊富な荒屋先生です
IMG_8631_convert_20101129235540.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード