*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

中学受験部の佐野です。

二字以上の漢字でできた言葉を「熟語」と言います。
熟語の読み方に「重箱読み」と「湯桶読み」というものがあります。

「音読み」+「訓読み」が、重箱読み、
「訓読み」+「音読み」が、湯桶読み。

でも、生徒たち、この「重箱」と「湯桶」が分かりません。

ある日の授業にて・・・
「重箱ってなんだ?」
 (必ず誰かが)「重い箱!」
「じゃあ中身は?」
「知らなーい」

「湯桶」は、もっと意味不明。
だいたい「蕎麦湯」が、まだ早いよ。キミたちには・・・。

じゃあ、せめて「重箱」!

「おせち料理は知ってるよね!?どんなのがある?」
 「かまぼこ!」「黒豆!」
 「グルグルの卵焼き!」(伊達巻ね・・・)
 「にぼし!!」(おお!それは「田作り」というんだよ)
「おせち料理はね、お正月くらいは、お母さんも食事の用意が・・・」

・・・以下、授業そっちのけでお正月話。

あと10日ほどでまた、新しい年がやってきます。
生徒たちが「お正月」にしか出会うことができない「言葉たち」に
できるだけたくさん、出会いますように。
IMG_8655_convert_20100906005252.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード