*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

中学受験部・荒屋です。

 実に悔しいものです、「本当は出来ていたはずの問題」を
「うっかりミス」で失点。
同じ点数に何人も並ぶ入学試験では、うっかりミスは命取り。

どうすれば、この「うっかりミス」を無くすことができるのか?
その秘策を伝授しましょう!!

1 問題文中の「数字」「人名・固有名詞」「文末」にラインを引く。
  「うっかりミス」の大半は、「思い込み」です。
  「誤っているもの」なのに「正しいもの」を選んでしまったり。
  つまり、問題文をよく読んでいない。
  これに対して「ちゃんと読みなさい!」と叱ってみても効果なし!
  (そもそも、どんな状態が「ちゃんと」なんでしょうか?)
  「ラインを引く」という作業で、意識が変わります。
  電車の運転士さんの「指差し確認」みたいなものですね。

2 計算(筆算)を、今までの「2倍」大きな数字で書く。
  「計算ミス」の多くは、隅に小さな数字で筆算を書いているため。
   数字が混乱することが原因です。
  この場合も「きちんと計算しろ!」と言っても意味はありません。
  問題用紙は、ノートと違って線が引いてありません。
  日ごろから、罫線の無いところで、縦横整列した状態で、
  これまでの「2倍」の大きさの数字で計算トレーニングをしましょう。
  計算ミスは半減するハズです。

3 「うっかりノート」を作る。
  自分だけの「うっかりミス」記録帳です。
  あらゆる科目のあらゆる問題やテストで、「うっかりミス」をしたら、
  その内容を記録していきます。
  記録する項目は、至って簡単、「日付」「科目」「ミスの内容」
  → 例:「繰り上がりを忘れた」
      「誤っているものと、正しいものを間違えて選んだ」等
  (ここで、「再発防止策」なんて難しいことまで要求しない)
  ただ「うっかり」をひたすら記録する。
  それだけで「うっかりミス」は減少します。
  食べた物を、ひたすら記録するだけでダイエットできる、と同じ原理。
  「うっかり」を意識をするだけで、注意力は変わるのです。

4 合格したい気持ちをテスト用紙にぶつける。
  最後の方法は、「気持ち」の問題。
  「合格」を強く望むと「1点」でも多く点数が欲しくなります。
  点数が欲しい、と思う気持ちは「集中力」に繋がります。
  「うっかりミス」が多い受験生は、まだまだ
  「合格したい」と念じる気持ちが足りません。
  夜、寝る前とテストの直前に「受かるぞ!」を3回、
  頭の中で連呼してみてください。
 (試験会場で声に出してはいけませんぞ! 念のため!!)
ed1_-6_convert_20110112021554.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード