*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、三ツ境校の伊沢淳です。

先日、生徒に数学の得点の伸び悩みについて相談を受けました。
その生徒の数学の目標点は38点
(だいたい、2~3番手の高校の得点ですね)

得点を見ると、34点。あと4点の所まで来ていました。
でも、得点の推移を見ると34→36→34→34

なぜ、目標に届かないのか?
それは、応用問題「だけ」に時間を多く割いているからでした

入試の数学の後半は
確率・方程式(規則性)・空間図形・平面図形それぞれ
3点問題が続いています。
1問解けなければ3点を失います。

しかし、油断できないのは、確実に得点しなければならない
前半の計算問題です。

相談に来た生徒は、2点配点の計算を、1問または2問
ずっと落とし続けているのです。

これが解ければ+4点
目標点に届きます。

応用問題も大切ですが、基礎問題こそ、絶対に得点しなければならない
部分なのです。
応用だけに気を取られると、足元を掬われます

特に、30~40点の間で伸び悩んでいる人は、
応用の前にまず計算を絶対に落とさないように、
時間を割くべき問題を、もう1度、工夫してみて下さい

神奈川県入試の数学の平均点は、他の科目と比べると低いですが
確実に取れる点を取ることが、入試を突破する為の大切なPOINT

目標点から、得点すべき問題を選択し、これからの1ヶ月
狙い撃ちにして、対策を立てていこう
ed2_-69_convert_20110116003144.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード