*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

大船校の上野尚樹です。

先週の受験コース小学5年生の算数は、
「円とおうぎ形の面積」
の学習でした。

例えば、半径が6cmで中心角が60度のおうぎ形の
面積を求める式は、円周率が3.14の場合
 6×6×3.14×1/6
となるのですが、ここで大切なポイントがあります。

それは、この計算のしかたです。
 6×6=36
 36×3.14=113.04…1
 113.04÷6=18.84…2
と計算している跡がノートに残っているようであれば、要注意です。

実は、このような計算をしているケースが、よく見られるのです。
この計算は「×3.14」を除いた
6×6×1/6=6
を先に計算し、最後に
 6×3.14=18.84
とすれば楽に計算できます。

1・2は、する必要のない大変な(?)計算なのです。

この単元では、計算が上手にできるかどうかが
重要になってきます。
そして上手に計算ができるかどうかは、算数全体の
得点力にも大きく影響してくるのです。
SEN_0887_convert_20101013233330.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード