*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。松田英俊です。

算数の入試頻出分野に「規則性」というものがあります。
この規則性の問題が嫌いだ、という生徒は少なくないです。
しかし、実は他の単元と違って、学年に関係なく
「解ける問題」が、たくさんあります。

親子でこのページをご覧の方は、次の問題を解いてみてください。
小6なら、余裕で全問正解したいところです。
小5以下のお子さまが、全部できればたいしたもの!
(正解できたら、何年生であっても、思いっきりほめてください)

【問題】□に入る数を答えなさい。

� 3,5,7,9,11,□
� 1,3,7,13,21,31,□
� 4,12,36,108,□
� 1,1,2,3,5,8,13,21,□

規則性の問題には、必ず規則が存在します
(不規則なはずがないですね)。
これを解くことは、規則を見つける、つまり、隠された秘密を
見つける作業なのです。

“謎解き系”の本やマンガ、ゲームなどでは、稀に見る集中力と執着心で
必死に解くことはあるのに、勉強の場面になると、そういった一面が
影をひそめてしまうのはもったいないですね。

規則性の問題に限ったことではありません。
勉強の中に、この「謎を解く」「秘密を見つける」という雰囲気を
いかに乍れるか、あるいは実際に積み木などを使って
手を動かしながらやってみるなどの工夫をしてみる。

そして、謎が解けたときにはしっかり評価してあげる。
こんなことで、勉強に対する姿勢はガラリと変わるものです。

最後に応用問題です。
答えは教室の先生に聞いてください。

� 1,5,14,30,55,□

【�~�の答え】
�3(等差数列)、�43(階差数列)、�324(等比数列)
�34(フィボナッチ数列)
IMG_8649_convert_20101117022350.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード