*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

小学部の佐野です。

今年もまた、雨の多い季節がやってきました。

雨降りのお天気は、私、あまり好きではありません。
というより雨降りだと(当たり前ですが)傘を持って
出かけなくてはいけません。

忘れちゃうんですよね、傘。
それはもう、お店にも、電車にも、校舎にも。

でも「雨」にまつわる言い回しには、日本人の良さを感じるものが
多くあります。

挨拶のときに「お足許の悪いところ・・・」というのは、
よく耳にします。
思えば、車もなく舗装もされていなかった時代の雨の日の外出は
さぞ難儀だったことでしょう。

「せっかく来てくれたのに、雨ですみません」と
前置きしたくなる気持ちは、よくわかります。

帰ろうとする来客を引き留めるように降る雨は「遣らずの雨」。
「ほら、降ってきたから、もう少しのんびりしていきなさいよ」
人の、いささか勝手な解釈のようではありますが、心の広い言葉です。

久しぶりに雨が降った時には「いいお湿りで」などと言ったりします。
降りすぎても、降らなすぎても困るのが雨。この言葉には、
「やっと降ってくれた、ありがたい」という響きが感じられます。

恵みにも、災いにもなるけれど、生きることと切り離すことが
できなかった雨。

だからこそ、たくさんの言葉が生まれ、使われ続けてきたのでしょう。
美しく、やさしい日本語を、いつまでも残していきたいものです。

あ、傘も、忘れないように気をつけよう、今年こそ。
ed2_-121_convert_20110124004511.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード