*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

横浜校の益田和典です。

算数の授業を担当して思うことは、地道な作業をコツコツ
こなしていける大半の生徒は、成績がアップするということです。

その逆に、
「式を書くのなんか、めんどうくさい!」 
「筆算も書くのも、めんどうくさい!」 
「図を描くなんて、もっとめんどうくさい!」
・・・なんて、思っている生徒は、入試問題を解くにあたって
非常に苦戦します。

なぜなら、入試問題は、作業を通して解き方を導き出すからです。

授業をしていて感じるのは、この「めんどうくさがり」な生徒が
年々増えているような・・・
テレビ・パソコン・携帯世代で、疑問に思ったことの答えが
すぐにわかってしまう。
そんな世代ですから、負荷がかかる作業には抵抗感があるようです。

授業で「めんどくさぁい!」という声があがったときは、私は
「めんどうくさいお化けがでるぞー」と言います。

すると生徒からは「何それ!?」と、声があがります。

その時はこう言うのです。
「そのお化けにとりつかれると、何でもめんどうくさくなって
 勉強ができなくなるぞぉ!」

その言葉を聞いた生徒は、さすがに「やだやだっ!」と
言ってくれます(笑)

でもやっぱり子どもですね。
言ったそばから「えぇ~、書くのぉ~、めんどくさいっ!!」
・・・道のりは、長そうです。
ed1_-82_convert_20110121005639.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード