*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
関内校の外丸ルミ子です

今回は「慣用句」についてお話したいと思います。

「慣用句をたくさん覚えよう」と簡単に言いますが
どれだけの慣用句が世の中に存在することか
そうそう簡単なことではありません。

しかし、興味を持ってことばに接すれば・・・

もともと人の表情や様子(態度)から生まれたことばが多いのですから、
実際に慣用句と同じ仕草をとってみる。

例えば、「目を丸くする」。
低学年の生徒は、意味を知らない生徒でも、
「目を丸くして~!」 → 素直に目を丸くします
「どんな時?」  → 「びっくり~!」
「それが意味だよ」→ 「へ~」    
こんなやり取りが。

日常生活の中で、楽しみながら顔や体を動かしながら、
ことばを覚えていきましょう。

さらに・・・その覚えた慣用句を、読解にいかしましょう。

物語の中の登場人物も、物語の中で生きているわけですから、
感情は私たちと同じです。
でも、「嬉しい」「悲しい」「つらい」・・・など、直接的なことばで
感情が表現されていることは余りありません。

そこで「慣用句」の登場です

「首を長くする(待ち遠しい)」「眉根を寄せる(不快感)」
「腹をくくる(決心する)」などなど、慣用句は感情表現の一端を
任されています。

だからこそ、読解をスムーズにするために、慣用句を覚えることは
大切なことなのです。

日本の生活から生まれたことば=人を見ているからこそ生まれたことば。

周囲の人の表情や様子を見ることが、慣用句を覚える
きっかけになるはずです。
楽しみながら覚えて、自分の読み取りの幅を広げてください。
ed1_-171_convert_20101225001720.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード