*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、大船校の薗田隆平です。

今日7月21日は、戦後の文芸評論の第一人者・江藤淳の
命日だそうです。
江藤は湘南高校に在学しており、亡くなるまで鎌倉に暮らしました。

その文章は、大学・高校入試問題で出題されたこともあります。
文芸評論とは、小説を論じたものです。

江藤淳は特に夏目漱石や、現在の文学を牽引する作家たちが
影響を多分に受けている、第三の新人についての論評が
特筆される仕事です。

このひとの文章を読むと、文芸評論とは文明批評であることを
強く感じると思います。

小説は、ある具体的な人物やエピソードを描いていながら
同時に、「世界観のサンプル」のようなものだからです。

自分の人生は、結果的には「一つの道」しかありません。

だからこそ小説は読むとき、読むときの自分に迫り
訴えかけるのではないでしょうか。
DSCF0147_convert_20110201130249.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード