*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

横浜校の益田和典です。
最近の授業の中で、この言葉をよく耳にします。

「わからなぁ~い
 ある意味、子どもにとってこの言葉は魔法の言葉ですね。
だって、この言葉を言えば、この後、考えなくていいからです。

ある私立中学校の先生とお話した時、やはり、先生も「
最近の子は考えようとしない」
と嘆いていました。

類題なのに、出された問題の表現が変わってしまうと、まず最初に
「わからない」と言うそうです。
その後、考えようとせずに、説明を待つ「待ち受け族」になるとか・・・

宿題をやっていて、すぐに「わからない」という場面はありませんか?
そんなときは、おそらく「塾で何聞いてきてるの!」という場面が
容易に想像できます。

そこで、一から十まで教えてしまうと、今後もその繰り返しで
考えない子ができあがってしまいます。

是非そんなときは、答えがでる一歩手前でヒントは止めて
最後は考えさせることが大切です。

国語の記述問題など、答えはひとつではありません。
考えて、何通りも答えを出させる・・・そんな問題も、
なくはないのですから。
SEN_0887_convert_20101013233330.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ


この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード