*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、大船校の上野尚樹です。

かなり以前のことになりますが、6年生の授業で
中学入試問題の演習をしていたときのことです。

A君が答案を仕上げて行く光景を、今でもはっきりと
思い出すことができます。

A君は、算数が得意なだけあり、テスト時間終了の15分くらい前には
ひととおり問題を解き終わっていました。

中には解答欄が空欄になっている問題もありましたが、難易度が高く
満点が取れるようなレベルのテストではなかったので・・・
解答欄に空欄がいくつかあることは、やむを得ないことでした。

しかし、解答用紙に記入されている答を見ると、
意外なことに結構間違えているのです。
失点して欲しくないような問題まで間違えていました。
とても合格点には達しないような答案だったのです。

ところが、ここからがA君のすごいところなのです。

その後、何分かごとにA君の答案を覗きに行くと、間違えていた答が
それこそオセロの石が黒から白にひっくりかえるように、
次々と正解に変わっているのです。

それは「見事!」としか言いようがありませんでした。
そして最終的には、十分、合格点に達していたのです。

算数が得意な生徒でも当然間違いはあります。
ただし、その間違いを自分でテスト後の見直しをする中で見つけ
そして修正できる力が、得点力アップには必要なことなのです。

「算数ができる子」というのは、それができる子なのだと思います。
IMG_8551_convert_20101013013420.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ


【】
これ、うちの子にプリントして読ませます。
とても良いお話ですね!

見直しの具体的なテクニックを調べています。
うんちくが多すぎて、具体例が少ないんです。
語るけれど、「見直し大事」から先に進まない話が多すぎて…
この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード