*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは!川崎校の仲山雄一朗です。

突然ですが・・・

・のこ屋
・かんな
・大工
・目立てる
・やすり
・たんねんに
・四十五度
・ひたい
・ほお
・毎度さま

これらの言葉の意味は分かりますか?
実は、これらは小学2年生の国語の授業で扱った
たった400字程度の文章(生活文)に出てきた言葉です。

のこ屋でのこぎりの目立てをしているお父さんの様子を
息子の視点から描いた文章でした。

「文章読解」という以前の問題で、分からない語句に
四苦八苦する生徒達・・・
あらためて語彙力の大切さを痛感しました。

その前の同じ授業でも、文章のテーマは「畳」。
家に畳の部屋がない生徒は、畳のイメージが
今ひとつ湧かないようでした。

語彙力をつけること・・・そのために
国語の授業における語句の学習はもちろん大切です。

しかし、それ以上に普段生活している中での会話の中からや
読書などを通じて活字から学ぶ等。

無理に詰め込むのではなく、自然と吸収できる環境を
整えることができたら最高です。

ことばと生活体験が結びつくような日々を意識しましょう!!
IMG_8655_convert_20100906005252.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード