*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

仲町台校の倉田秀樹です。
誰だって褒められたい。特に授業中に褒められたら嬉しい。
そんなキミに今日は秘策を授けます。

英語に絞ってお話しをします。
授業をしていてこの単語がすらすら書ける生徒あるいは
意味が即座に答えられる生徒は、英語の力、高いな、と
私が先生として感じる単語というのがあります。

学年ごとに分かれていて
1年生 chairのスペル、libraryのスペル、Februaryのスペル
2年生 drawの意味と過去形過去分詞、leaveの意味と過去形
leftの意味(左、ではなく)
3年生 suchの意味、volunteerのスペル、「借りる」を英語で
(lendじゃないよ)
・・・と、こんな感じです。

もしキミが英語で褒められたい、と思ったら。
1年生なら、とにかくchairとlibraryを覚えてしまうのです。
他の単語はともかく、ひとまずイスと図書館だけは、すらすら
書けるようにしてみる。

そうすると、いずれ授業で単語テストがあります。
答え合わせで生徒に言わせたり、黒板に書かせるような時があります。

リンゴ、犬、家、帽子など、答え合わせが進みますが
キミは黙っていればよろしい。
そして「イス」の番が来ます。

 先生:「書ける人~?」
 生徒: シーン…。

イスというのはなぜかいつまでも書けない生徒が多い。
そこでキミが「ハイ!」と手を挙げれば、先生もビックリ。
 「お、それじゃあ書いてごらん」
キミは臆することなく黒板の前で「chair」と書く。
 「うわ、よく書けたな、すごいぞ!」
と褒められるはず。

chairを覚えるだけで、ものすごい褒められようだ(笑)
dogやappleじゃそうはいかない。
chairが書けて、褒められて、そこでキミが
「よーし他の単語も覚えてるぞ!」
と英語へ学習姿勢が変われば、一番。

本当かな?と疑うよりは、試してみる人の方が賢いはず!
きっかけは、何でもいい。「できる・一目置かれる生徒」を目指そう!!
IMG_8514_convert_20100920001453.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード