*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北山田校の吉村功です。

知識が柔軟性の邪魔をする。
経験が創造性の邪魔をする。

算数の問題を解くときに、感じたことはないですか。

『きまりを見つけて解く問題』で試してみましょう。
ブラックボックス、意外と難しく感じる問題。
先入観がなければ易しいです。

(例)2⇒□⇒8
   4⇒□⇒6
それでは、7⇒□⇒?

実は、Qゼミ小1オリジナルテキストに出題されている問題です。
そう聞けば「かけ算・わり算」は使えないことがわかります。

では、「たし算・ひき算」ですか?
それでも「きまり」は見つからないでしょう。


答えは「3」。
なるほど、10の補数です。

できました?
ed1_-12_convert_20110216010320.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード