*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

皆さん、こんにちは。北山田校の西本亮平です。

春です。
出会いあれば別れあり、新たな生活が始まる季節ですね。
環境も一新された人が多いのではないかと思います。

その環境に至る過程の中で、受験と言うものを経験した人も
一定数いますよね。

受験…ここに対しての思いは千差万別ではないでしょうか。
それぞれが抱く思いは、今後の糧になるでしょう。
決して無駄にはしないでほしいです。





・・・ここで
「悔しい思いをした人は、その思いをバネに…」
というフレーズを予測した方!

残念でした。そんなことは書きません。
「成功した経験に胡坐をかくな」と、私からはお伝えします。

特に、世でいう「難関校」と呼ばれるところに合格した人に
強く伝えたいと思います。

皆さんが努力の末、難関校に合格したことは素晴らしいです。
よく頑張ったと思います。

ただ、それで(合格した人が)偉いとかすごいとか、そんなことは
思わないで下さい。
そんなことでは人間の価値は決まりません。

自分の目標に向かって頑張ることができ、それを達成した
人こそが偉いのです。

学校の難易度ではなくて、自分の意思をどれだけ大事にし
それに向かって努力できたのか。
ぜひ、その部分を振り返ってみてください。

そして親御さんも、ぜひお子さまには、努力して受験を
乗り越えたことに対しての賛辞を送ってください。

いきなり辛辣なことを書いたかと思われるかもしれませんが
世の中で生きていく上で、努力をしたという経験は間違いなく
生きます。

そして、それを自信にして自分から能動的に動ける人が
勝ち残ります。
それが現実です。

さあ、これからまた前を向いて色々なことに立ち向かっていきましょう。
縺・★荳ュ・廟convert_20170403135128
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちはQゼミ市ヶ尾校の田上清貞です。

春は学校で新学年がスタートする季節ですね!
新しい先生、友達との出会い、真新しい教科書など
気分も一新していいスタートが切れるといいですね!

1つアドバイスがあります。
春はチャンスもたくさんある季節で、それをゲットできるかで
残りの1年の流れが決まります。

例えば苦手科目がある君。
新学期が始まるまで復習の時間がありますね。

そこでしっかり苦手意識をなくして、自信をもって
新学期を迎えて下さい。

科目担当の先生も新しくなったりするので、先生の
印象もガラッと変わるチャンスなのです。
すなわち、内申点が一気にアップするチャンスです!

また何かを新しく始めたり、チャレンジするのにもいい季節です。
お勧めなのが英語検定です。

6月に1回目の受検がありますが、10月や1月など他の時期は
学校の成績を決定する定期テストなどと重なり、あまり時間が
割けなくなります。
まだ時間の余裕のある春の英検チャレンジはお勧めなのです。

その他にも自分自身にアンテナをはり、周囲を見渡せば
きっといろいろなチャンスが春には転がっています。

気分一新で前向きな今こそ、次に繋がるチャンスをつかんで
最高のスタートを切ってみませんか?
wi3_convert_20170331150030.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、Qゼミ市ヶ尾校の川船智寛です。

突然ですが1つ問題です。

小中学校で座るイスには、背もたれが有るものと
無いものがあります。
背もたれの無いイスは、どこにあるかわかりますか?

答えは理科室・家庭科室です。
ではこの答えをどれだけ記憶していられるでしょうか。

「理科室・家庭科室のイスには背もたれがない」ということだけを
ただただ覚えようとしても、すぐに忘れてしまうと思います。

理科室のイスに背もたれが無いのは、もちろん、理由が
あってのことです。
(理由はこの記事の最後に)


「理科や社会は、暗記科目だから、テストなどでできないのは
努力が足りないだけだ」と言う人がいます。
確かに一理ありますが、ただ暗記することにも限界があるでしょう。

「どうして」を考え、「なるほど」と納得して
「○○って知ってる?」と人に伝えていく。
これで記憶はかなり定着していきます。

人に話をしてもいいでしょうし、問題集を解くなどでもいいと思います。
(だから、宿題や小テストをやるんですけどね)

Qゼミの授業の中で「どうして」の部分をしっかり学んでみてください。
1人でただ覚えるだけの勉強をした時とは、きっと結果が変わります。

ただの暗記ではなく、「どうして?」と思い「○○だから!」までQゼミで
一緒に学んでいきましょう。

※理科室・家庭科室のイスには背もたれが無いのは、
「移動や立ち作業が多く、机よりも高い位置にある
背もたれの部分が邪魔になる」
からです。
wi12_convert_20170329134749.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。横浜校の秋吉達也です。

3月から4月は卒業そして入学の季節です。
受験を終えて入学を間近に控えたみなさんは新生活に向けて
心を踊らせていることと思います。

受験を終えたみなさん、本当によく頑張ったと思います。
いろいろな受験結果があり、その結果に対する思いもさまざまだと
思います。

どんな結果でも一つの大きな経験として心の中にしまってください。

そして、新生活がスタートしたら前を、将来を見すえて
行動してください。
過去の結果に踊らされたり引きずられたりしないように。

大事なことは
「過去どうしたか」ではなく
「これからどうするか」です。

過去の経験は未来に活かす必要がありますが、決して
足を引っ張るものであってはいけません。
新しい環境に身を置けば、また全員がスタート地点です。

これからどうするのか。どんな将来を思い描いているのか。
前を向いて考え、気持ち新たに最高のスタートを切ってください。

もし何か迷うことがあればQゼミの先生を訪ねてくださいね。
全ての先生がみなさんのことを応援しています。

頑張れ!Qゼミ生!
unspecified_convert_20170325145712.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。都筑校の松田英俊です。

何かの目標を達成するために必要なことは「日々の鍛錬」です。

特に学力を上げたいと思うとき、そのために最も必要なことは
言うまでもなく日々の家庭学習です。
(「休まず塾に通う」とか、「授業中は集中する」と同列です。)

では、その次に必要なことは何でしょう。

それは「家庭学習」を行い、知を身に付けるための「計画性」です。
つまり、思いつくまま「行き当たりばったり勉強」では×ということです。

塾に通っていれば学力がつく、というのは大きな間違いです。
学力は、塾での学習と家庭学習の相乗効果による賜物なのです。

しかし、計画的に学習を進める習慣を身につけることは
簡単ではありません。

中学受験コース生なら、「実行ノート」をだいぶ活用できるように
なっていることでしょう。

学年が上がれば、通塾日数や宿題は増えます。
10代前半の子どもがそれらを卒なくこなしていくことは難しいです。

そこで「実行ノート」などによる家庭学習とスケジュールの自己管理が
必要となるわけです。

■受験生がすべきこと
・漢字・計算などの基礎学習
・宿題
・宿題以外の課題
・各種テスト・模試の解きなおし
・(6年生の場合)5年生の復習や苦手単元の復習
・(6年生の場合)過去問

■勉強できる時間
・朝
・学校からの帰宅後
・塾の授業のあとの居残り
・休みの日

■勉強できる場所
・自宅
・塾(自習室)

すべきことの多さと、勉強できる時間を対比してみると、どこで何を
学習するかを決めることはとても大切であることに気付くと思います。

分刻みのスケジュールを立てると、スケジュール通りにいかなかった
場合、やる気低下につながってしまうことが多いです。
「何曜日に何をやる」程度の設定がちょうど良いのではと思います。

そして、勉強ができる場所はもっと限られていますので、より集中
できる場所を見つけ、計画的な学習ができるようにしていきましょう。
IMG_0407_convert_20170317150314.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード